予約する

健康教室申し込み

ヨガ教室申し込み

あなたの人生が次の一歩を踏み出す時間を提供します

暮らしに寄り添う 整体はまだや

  • Facebook
  • Instagram
  • Line

高知市比島町4-6-36

しつこい「坐骨神経痛」でお困りの方必見!「坐骨神経痛」って何!?

こんにちわ!高知市比島町で痛み・しびれ・不定愁訴を専門にしている濱田です。

 

当院で最もご相談内容で多いのは「しびれ」です。

 

「病院で画像検査してもらったけど原因が分からない」

「痛いところに電気したり、温めたけど変わらない」

「近くの治療院で診てもらったけど変わらない」

 

などのご意見が非常に多いです。

 

 

これって実は珍しいことでも何でもないんです。

実は身近に声にしてなくても悩んでる方っているんです。

 

 

先日、県外の研修会に参加していた時にも何カ月も悩んでいる女性にお会いしました。

 

 

普段は元気にお仕事をされていても、悩んでいる方がいる。

 

 

その事実を目の当たりにしたので「しっかりと情報を皆さんに届けよう!」と思いました。

 

 

【今日の内容】

1.「坐骨神経痛」って何!?

2.「坐骨神経痛」はなぜ解決しない!?

3.坐骨神経痛に対する「はまだやからのご提案」

 

 

 

1.「坐骨神経痛」って何!?

 

坐骨神経痛は医療に関わらない方でも知っていることが非常に多くなってきました。

「お尻の辺りがピリピリ痛い」

「太ももの裏が痛くてシビレる」

「体を動かすとお尻から足先へ電気が走る」

などの悩みなどを抱えていることが多いです。

 

 

● 坐骨神経とは?

 

まずは「坐骨神経」の特徴についてお伝えしていきますね^^!

こういった特徴を持っていて、坐骨神経に何らかのストレスが加わると症状が出現します。

 

 

 

一般的には「梨状筋」と呼ばれるお尻にある筋肉が硬くなることで症状が出るといわれています。

 

この梨状筋と呼ばれる筋肉は「足先を外側に向ける」役割を持っている筋肉です!

 

そのためこの梨状筋をマッサージなどで緩めることで症状が緩和することがあります。

 

 

しかし、「坐骨神経と梨状筋の関係性」には個人差があります。

パターン①の場合が圧倒的に多いのですが、わずかに坐骨神経の通り方が違う人がいます。

 

この通り方の違いによって症状の出やすさがわずかに変わってくると言われています。

 

 

坐骨神経の周りには他にも筋肉があります。

これらの筋肉は総称して「外旋6筋」と呼ばれ、「足先を外側に向ける」働きがあります。

 

つまり坐骨神経痛とは、

・ 梨状筋(外旋6筋を含む)が硬くなる

・ 足先が外側に向く癖がある

・ 足先が内側に向いて筋肉が伸ばされている

などの理由で生じることがあります。

 

 

そのため、硬くなった梨状筋(外旋6筋)をマッサージ・ストレッチすることで症状が緩和していきます。

 

 

 

2.「坐骨神経痛」はなぜ解決しない!?

 

ここまでの内容は一般的な治療院でも対応していることが多く、ネットでも似た情報が沢山あります。

そのため、マッサージ・ストレッチ・温めるなどで対応している方がほとんどです。

 

しかし、そういった取り組みをされていても「解決できずに悩んでいる方」が沢山います。

 

では何故これらの対応では解決できないのでしょうか!?

 

 

理由①:硬くなっている原因が解決していない

 

梨状筋(外旋6筋)は「足先を外側に向ける筋肉」でした。

 

 

つまり、

・ 足先が外に向いて筋肉が硬くなる

・ 足先が内側に向いて筋肉が伸ばされる

この2つの根本原因を見極めて解決しなくちゃいけません。

 

 

その原因として当院では、

・ 呼吸機能の低下(質の低下)

・ 腹圧の低下(体幹が弱い)

・ 扁平足などの足のトラブル

・ 内臓の不調(硬い、動きが制限されている)

・ 脳活動の左右差

などが挙げられます。

 

 

理由②:そもそも梨状筋(外旋6筋)が関係ない

 

坐骨神経は、腰骨からお尻を通ってもも裏・ふくらはぎへと続きます。

 

その坐骨神経は上方向では脊髄を通って脳へとつながっています。

 

つまり、脳~脊髄~足先の全ては1本につながっているので、そのどこかで神経にストレスが加われば坐骨神経痛が起きる可能性があるんです。

 

 

実際、当院でご相談いただいた方には、

・ 頭蓋骨の捻じれ

・ 首の捻じれ(出生時の負担)

・ 背骨の捻じれ

・ 骨盤のズレ

・ 肝臓の硬さ(内服薬の常飲、飲酒、食生活の乱れ)

・ 子宮~卵巣の硬さ(強い生理痛、月経前症候群、ホルモン治療中)

・ 出産後のストレス(分娩時間が長い、帝王切開、会陰切開以外の処置)

・ 長年の扁平足(外反母趾、足のタコを持っている)

・ 足の爪のトラブル(巻き爪、どこかに強くぶつけた)

・ 脳活動の左右差(目・耳・鼻・口・怪我の影響、習慣)

など幅広い原因の方がいました。

 

 

「〇〇の症状には、〇〇がいい!」って解決策があればいいのですが、

人にはそれぞれの歴史・個性があります。

 

症状の緩和のみであればマッサージ・ストレッチなどで対策が可能ですが、

根本的な解決を目指すなら細かな確認作業が必要となります。

 

 

 

3.坐骨神経痛に対する「はまだやからのご提案」

 

当院では、細かな問診と身体観察、運動検査によって根本原因を探していきます。

 

● どんな問診がある?

 

お客様のお悩みに対して可能な限りお話を伺います。

・ お悩みの症状の特徴(症状の強さ、出現パターン、頻度、生活での不自由さ)

・ 過去の病歴、外傷歴、手術歴、出産歴、不調

・ 生活習慣(食事、睡眠、運動 など)

・ 仕事について

・ 家庭について

*  お客様が無理なく話せる内容のみで対応しております。

 

 

● 身体観察と運動検査

 

問診で確認した内容から優先度を考えて行っています。

・ 姿勢観察(重心の位置、左右差、体重のかかり具合)

・ 歩行(リズム、速度、体の使い方)

・ 関節(動かる範囲、硬さ / 緩さ、捻じれ・ズレ)

・ 筋力(最大筋力、瞬発的な筋力、持続的な筋力)

・ 緊張(体のこわばり、コリ)

・ 筋膜(全身とのつながり、コリ)

・ 内臓(硬さ、位置、動き、むくみ)

・ 血管 / リンパ(血管・リンパの硬さ / 伸びやすさ、血流・リンパの流れ)

・ 眼(斜視 / 斜位、目の硬さ、目の動かし方)

・ 三半規管(バランス機能、体の傾き度合い)

・ 口(歯並び、噛み合わせ、舌の色・形、顎の位置 / 使い方)

・ 呼吸(深さ、速さ、体の使い方)

・ 脳(左右の活動バランス、脳幹とのつながり)

非常に幅広い分野に対応しています。

 

 

これらの確認作業踏まえて、お客様のご予防にあった最適なプランをご提案していきます^^!

 

 

● プランの一例

 

過去のお客様へのご提案として、

・ 筋膜のトラブル(歪み / コリの解消、運動によるストレッチ)

・ 足のトラブル(可動域の向上、インソール・靴の提案、トレーニング)

・ 背骨のトラブル(可動域の向上、体操の提案)

・ 内臓のトラブル(硬さの解消、位置の修正)

・ 呼吸のトラブル(呼吸トレーニング、栄養指導)

・ 眼のトラブル(頭蓋骨の調節、眼の調節、ビジョントレーニング)

・ 三半規管のトラブル(頭蓋骨の調節、バランストレーニング)

・ 脳のトラブル(原因部位の特定後に施術・トレーニング)

などがあります。

 

 

 

まとめ

 

今回は「坐骨神経痛」について解説していきました。

 

しびれや痛みによって、家事・育児・仕事に支障が出ていたり、

睡眠が満足に取れないなどの悩みの方が本当に多いです。

 

そのような悩みを抱えている方々に少しでもお役立ちできるよう、

情報発信はもちろん、施術・運動指導を行っています。

 

 

今回のブログを読んでみて、

 

「長引く痛みがどこに行っても解決できない」

「仕事や家事・育児をしていると身体が凝ったり、重苦しくなる」

「生活習慣や体の癖を見直していきたい」

 

という方は気軽にご相談ください^^

 

 

【「暮らしに寄り添う整体はまだや 施術」の施術希望の方へ】

- 初めての方へ:https://seitai-hamadaya.com/?page_id=21

-  施術の流れ:https://seitai-hamadaya.com/?page_id=232

 

 

はまだやアプリ開設!!!

今回はまだやでは個別相談・コラム配信・ご予約などを行うための公式アプリを開設しました!

Android・iPhone・ガラケーともにご利用できます。

 

 

【Android・iPhoneの方】

● アプリのご利用方法

① Google play もしくは App Storeにて「はまだや」と検索

② ダウンロード後に会員情報を入力

③ 登録完了

 

【ガラケーの方】

● アプリのご利用方法

① 「http:hamadayahamada.net」と検索

② ダウンロード後に会員情報を入力

③ 登録完了

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です